KTブレース|JFEシビルの耐震・制振デバイス

製品紹介

> 耐震・制振デバイス > 製品紹介:KTブレース

KTブレース

pic

KTブレースの特長

建物を地震から安全に守る耐震・制振デバイスは、新世紀の構造デバイスとして各界から高い注目を集めています。KTブレース™は、構造的信頼性だけでなく、構造材の美しさも実現する耐震ブレースとして、あらゆる構造の新築および耐震補強に適用できます。

KTブレース™は、円形鋼管の端部にピン接合機構を有する引張・圧縮構造部材です。厚肉の鋼管とコンパクトなピン接合部の組合せで、従来の形鋼ブレースよりスマートな納まりを実現します。
KTブレース™は一般財団法人日本建築センターの一般評定*を取得し、新築の耐震要素として、また既存建築物の耐震補強ブレースに適しています。
ピン接合部に用いるクレビス・ピンは、国土交通大臣より指定建築材料の認定を受けた高強度でコンパクトな接合部品です。
鋼管と両端クレビスはねじ接合でターンバックル機構となり、±10mmの部材調整が可能です。
*BCJ-S1877

KTブレース部材姿図

KTブレース部材姿図

構造計算ソフトへの組込

KTブレース™及び二重鋼管座屈補剛ブレース™は、下記の構造計算ソフトに対応しています。

株式会社 構造システム「SNAP」「BUS-5」「DOC-RC/SRC/S」
株式会社 構造ソフト「BUILD.一貫Ⅴ」「BUILD.耐診RC」
株式会社 構造計画研究所「RESP-D」
株式会社 NTTファシリティーズ総合研究所「SEIN La CREA」「SEIN La DANS」

KTブレース部材表

KTブレース部材表

※標準仕様書(図面)のCADデータをご希望のお客様は、お問い合わせ窓口までご連絡ください。

JFE円形鋼管ブレース耐震補強工法

建築技術証明 (一財)日本建築総合試験所の建築技術証明を取得
(GBRC性能証明 第08-05号:平成20年7月1日)
【工法の概要】
本工法は、一般財団法人日本建築センターの性能評価を取得している「KTブレース™」および「二重鋼管座屈補剛ブレース™」を鉄骨枠に組み込んだブレース架構を、鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造既存建築物の内側または外側に接合し、強度と靭性を向上させる耐震補強工法、および制振効果を期待する耐震補強工法です。

【評定内容】補強形式と適用ブレース

補強形式と適用ブレース

既存RC造建築物の耐震補強施行工程

内付け施工例

システム建築

外付け施工例

システム建築

取付手順

システム建築

既存RC造建築物の耐震補強施行工程

RC造建築物外付け耐震補強実験(神戸大学との共同実験)

システム建築

クレビス・ピン接合部の引張実験

システム建築

さまざまな実績をご紹介します。
気軽にお問い合わせください

問い合わせる