公的に認められた安全性

一般評定の取得

一般財団法人日本建築センター(BCJ)は、国土交通大臣から指定(登録)されて性能評価等の業務を行っています。新たな建築技術の研究開発や技術の改良が活発に行われている中、BCJは、公正中立な立場で建築技術を評価。KTブレースと二重鋼管ブレースは、この一般財団法人日本建築センターの一般評定を取得し、建築技術性能が証明されました。また、メタルビル建築もこの評定を取得しているほか、ハーフ十字ブレースダンパーは、JFEスチール(株)と共同で日本建築総合試験所の性能証明を取得しているなど、数多くのJFEシビル商品が公的なお墨付きをいただいています。

JFEピン接合鋼管ブレース耐震補強工法

(一財)日本建築総合試験所の
建築技術証明を取得
(GBRC性能証明
第08-05号:平成20年7月1日)

【工法の概要】
本工法は、一般財団法人日本建築センターの性能評価を取得している「KTブレース™」および「二重鋼管座屈補剛ブレース™」を鉄骨枠に組み込んだブレース架構を、鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造既存建築物の内側または外側に接合し、強度と靭性を向上させる耐震補強工法、および制振効果を期待する耐震補強工法です。

二重鋼管ブレース外付け制振補強工法 二重鋼管ブレースの制振効果を期待した耐震補強工法

(一財)日本建築総合試験所の
建築技術証明を取得
(GBRC性能証明
第07-13号:平成19年7月3日)

【特長】

  • ・ ブレース直付け工法(鉄骨枠不要)⇒短工期・低コスト
  • ・ 建物内部工事を最小限に抑える
  • ・ ブレースの配置方法により美観に配慮
  • ・ リサイクル・リユース可能な部材で構成
  • ・ 費用対効果が高い施工者の一般競争入札が可能

【適用範囲】

  • ・既存RC造/SRC造(非充腹形)
  • ・靱制指標Fが1.0以上相当

【耐震性能評価方法】

  • ・時刻歴応答解析またはエネルギー法
KTブレース
二重鋼管座屈補強ブレース
ハーフ十字ブレースダンパー
制振間柱・制振壁
公的に認められた安全性 一般評定の取得
市村産業賞受賞
資料ダウンロード 各製品の資料はこちらから!
お近くの代理店にお気軽にお問い合わせください。 代理店を探す
弊社とwin-winの関係、始めませんか! 代理店様募集中