間柱型粘弾性ダンパー|JFEシビルの耐震・制振デバイス

製品紹介

> 耐震・制振デバイス > 製品紹介:間柱型粘弾性ダンパー

間柱型粘弾性ダンパー

間柱型粘弾性ダンパーの特長

風揺れなどの微振動から大地震まで幅広く制振効果を発揮します。

JFEの間柱型粘弾性ダンパー

従来構造と制振ダンパーを組み込んだ構造との違い

減衰機構

適用条件

JFEの間柱型粘弾性ダンパーは、鋼板に挟み込んだ粘弾性体のせん断抵抗力によって、エネルギー吸収を行なう制振ダンパーです。

高いエネルギー吸収能力

高減衰ゴムを使用。
風揺れ等の微振動から大地震まで幅広く制振効果を発揮できます。

依存性が小さい

温度依存性・振動数依存性が小さいため、環境変化に対しても安定した履歴性状が得られます。

一般評定を取得

一般財団法人日本建築センターの一般評定を取得しています。
・BCJ評定-IB0011-01(2017年3月31日)

構造計算ソフトに製品組込

(株)構造システム「SNAP」
(株)構造計画研究所「RESP-D」「RESP-F3T」
に対応しています。詳細モデルを組込済み。
※その他順次対応予定

粘弾性のパネルの構成

粘弾性のパネルの構成

標準部材表

標準部材表

標準形状

標準形状

  • 粘弾性パネル詳細

    粘弾性パネル詳細

  • 取付例

    取付例

性能確認実験

性能確認実験

ダンパーの詳細履歴モデル

ダンパーの詳細履歴モデル

応答解析例

応答解析例

さまざまな実績をご紹介します。
気軽にお問い合わせください

問い合わせる