製品紹介

ハーフ十字ブレースダンパー

ハーフ十字ブレースダンパーの特長

ハーフ十字ブレースダンパーは、座屈拘束によるブレースとして十字型軸力材と溶接組立BOXの組み合わせで高い疲労性能を有しています。

溶接組立による軸力材と補剛管の使用で、設計軸力に応じ最適断面の選択が可能です。

ハーフ十字ブレース材姿図
履歴曲線

標準部材表(一例)

耐震用・剛接合型・標準部材表(リスト)
SN490B

※標準仕様書(図面)のCADデータをご希望のお客様は、お問い合わせ窓口までご連絡ください。
※この商品には制限事項等がございますので、 ご採用をご検討の際はお問い合わせ窓口までご連絡ください。

耐震用・剛接合型・標準部材表(リスト)
SN400B

※標準仕様書(図面)のCADデータをご希望のお客様は、お問い合わせ窓口までご連絡ください。
※この商品には制限事項等がございますので、 ご採用をご検討の際はお問い合わせ窓口までご連絡ください。

制振用・剛接合型・標準部材表(リスト)
JFE-LY225

※標準仕様書(図面)のCADデータをご希望のお客様は、お問い合わせ窓口までご連絡ください。
※この商品には制限事項等がございますので、 ご採用をご検討の際はお問い合わせ窓口までご連絡ください。

制振用・剛接合型・標準部材表(リスト)
JFE-LY100

※標準仕様書(図面)のCADデータをご希望のお客様は、お問い合わせ窓口までご連絡ください。
※この商品には制限事項等がございますので、 ご採用をご検討の際はお問い合わせ窓口までご連絡ください。

ハーフ十字ブレースダンパー 十字断面組立BOX補剛ブレースダンパー

(一財)日本建築総合試験所の
建築技術証明を取得
(GBRC性能証明
第09-08号:平成21年11月10日)

【技術概要】

本技術は、建築物、工作物に使用される履歴型ダンパー(十字断面組立BOX補剛ブレースダンパー)に関する技術です。この技術の特徴は、履歴吸収エネルギーを期待する鋼板製の主材に軸力も負担するリブを溶接して十字断面とするとともに、4枚の鋼板を溶接して組み立てた補剛管で軸力材を囲み軸力材の座屈を拘束することにより、塑性領域に至る圧縮・引張の繰り返し変形下において安定した履歴特性を得るところにあります。

KTブレース
二重鋼管座屈補強ブレース
ハーフ十字ブレースダンパー
制振間柱・制振壁
公的に認められた安全性 一般評定の取得
市村産業賞受賞
資料ダウンロード 各製品の資料はこちらから!
お近くの代理店にお気軽にお問い合わせください。 代理店を探す
弊社とwin-winの関係、始めませんか! 代理店様募集中