ニュース

埼玉病院、立体駐車場整備工事を落札 - 建設通信新聞および日刊建設工業新聞(2017年2月8日付)掲載

業界新聞2紙において、立体駐車場建設落札の記事が掲載されました。

「国立病院機構埼玉病院は7日、再公告していた「国立病院機構埼玉病院立体駐車場整備工事」の一般競争入札(WTO対象)を開札し、落札者を7億8,900万円でJFEシビルに決めた」

前回の公告では、入札金額が予定価格を上回ったため不落となっており、再広告されていたものです。

「入札には4者が参加した。設計・施工一括(DB)方式を採用した。工事場所は埼玉県和光市諏訪2の1。同病院の敷地内に建設する。建物の規模はS造4階建て延べ約1万2,000平方メートルを見込む。508台分の立体駐車場と、26台分の平面駐車場を整備する」

数百〜1,000台規模の収容台数において、立体駐車場 メタルパークは豊富な実績を持っています。高層化、収容台数の高効率化など、確かな技術とノウハウであらゆる問題を解決。 病院や福利厚生施設での自走式駐車場建築も手掛けており、利用者の方の安全を最優先し、限られた敷地内での生産性向上に貢献してきました。

「使用する主な資機材はコンクリート約2,300立方メートル、鉄筋約700トン、鋼板パネル約1,000立方メートル、鉄筋約100トン。工期は約14ヶ月以内で、最終完成は17年度としている」

自走式立体駐車場の建設ならJFEシビルのメタルパーク

◎本記事は、日刊鉄鋼新聞からの転載許可を得て掲載しています。

(以下のサムネールをクリックして御覧ください)

規模で選ぶ
導入事例で選ぶ
いちいち工法
津波避難駐車場
病院向け駐車場
認定駐車場とは
お近くの代理店にお気軽にお問い合わせください。 代理店を探す
弊社とwin-winの関係、始めませんか! 代理店様募集中