安全衛生・品質管理への取り組み

JFEシビルの安全衛生・品質管理に対する取り組みをご紹介します。

安全衛生への取り組み

基本理念 「安全はすべてに優先する」

人の生命、健康はなにものにも代え難い、という理念に基づき、安全衛生管理を遂行します。単に労働災害の防止に努めるだけではなく、労働衛生・環境、並びに公衆災害を含めたすべての事故・災害防止に全力を傾注し、安全で健康的な誰もが働きやすい職場を作ります。

重点実施事項

  1. JFEシビルの安全基準に基づき、基本動作を判りやすく周知し、各現場へ展開します。
  2. 工事の事前検討、KYをしっかりと行い、安全な作業方法・環境を構築します。
  3. 不安全な状態や行為に自ら気づき、是正し、安全に対する意識を高めるために、積極的な声かけを行います。
  4. 「現場・現物・現実」の3つの「現」を重視した三現主義を基に、現場の状況を常に把握し、健全な運営に努めます。

防災への取り組み

防災が企業にとって事業継続に深刻な影響を与える要素であることを、JFEシビルは深く認識しています。トラブルを未然に防ぎ、安全・安心な作業環境を確保するために、重点実施事項を確実に実行してまいります。

重点実施事項

  1. 火気使用時の、周辺養生と残火確認を徹底します。
  2. 火気使用禁止地域では無火気工法を採用します。
  3. 油脂類・石綿の拡散防止処置を確実に実行します。
  4. 埋設物調査と試掘を実施します。経路が異なる場合は、
    作業を中止し再調査を行います。
  5. 現場では防火訓練・避難訓練を実施します。

品質管理への取り組み

お客様の信頼を得るには、お客様の期待する品質を創り上げ、提供することが原点となります。JFEシビルは重点活動目標を定め、更なる品質向上に努めてまいります。

重点実施事項

  1. 不適合・ヒヤリ報告の水平展開を確実に実行します。
  2. 工事の早い段階において品質改善の提案を行います。
  3. 各部門で行っている品質改善活動を強化します。
  4. 技術習得・資格取得を奨励し、技術力向上を目指します。